“人件費高騰” というチャンス。

競合が競争力を失っているタイミングにこそ勝機あり。
リスクを「チャンス」に変えるA-CASTの包括ソリューションとは?

企業内コストのなかでも設備費用の次に大きな「人件費」。
ここ数年、タイでは人材不足に悩まされている企業様のお声を
よくお聞き致します。

その大きな理由のひとつとして「人件費の高騰」が挙げられます。

国内労働市場の需給逼迫の他、最低賃金の引き上げ、
公務員給与の引き上げ、籾米担保融資制度の再導入といった要因が
積み重なり、発生したとも言われており、
一企業の努力では到底この傾向を覆すことは難しい状況となります。

では、私たちはこのような傾向に
どのように立ち向かえばよいのでしょうか?

間接業務のアウトソースをご提案したい5つの理由

私たちA-CASTはこのような課題に対して
「間接部門の業務をアウトソースすること」
課題解決に取り組むことをご提案いたします。

貴社にとってどのような利益・利点をもたらすものであるか、
というポイントについて以下にご説明をいたします。



1. コア業務の強化

「工場であれば製造の現場強化を図る、商社であれば営業の強化をする」―― ご本業の強化を最も効率よく実現するお手伝いが本ご支援です。コア・非コア業務の切り分け、スムーズな移行を実現いたします。

2. 高い専門性の確保

わかりにくいタイの労働法、税務・会計実務、ITといった業務には高い専門が必要とされます。そういった業務に対し、人事異動や中途採用を行うことなく、比較的容易に高い専門性を確保することが可能です。

3. 人件費が最小限に

「一ヶ月20営業日、9時から6時まで経理業務につきっきりなんてありえない」―― そもそも経理業務にはそこまでの大きな業務量がないのが多くの会社様の実情です。「必要な時に必要なリソースを確保」―― このような要件を実現するのが “間接部門のアウトソース” です。

4. 雇用・ボーナスが不要

アウトソーシングをすることによって、その業務にかかわる人材の採用コストや教育コスト、退職金、福利厚生等の費用が不要となります。契約期間内の一時的な費用のみで、社員を増やさずに業務遂行の維持拡大が柔軟に対応可能です。

5. 業務品質の安定化

「人が代わる前提で業務を設計する」―― タイでの事業において、私たち日本人が常に心がけなければいけないポイントです。「一番効率的な収入UPの手段はジョブホップ」―― このようなタイ固有のキャリアに対する考え方を前提とし、業務を標準化することで大幅なリスクヘッジを実現することができます。

当社のご提案が貴社事業の一助となれば幸いです。

次にこのようなご提案を下支えするものとして、

私たちA-CASTがこれまで培ってきた経験、そして強みをご紹介いたします。

「A-CASTの強み」を見る

©2018 A-Cast (Thailand) Co., Ltd

Log in with your credentials

Forgot your details?